大手法律事務所が弁護士削減の動き-サブプライム問題の新たな犠牲者

ニューヨークにある法律事務所が2001年以来で 初めて弁護士削減を進めている。米サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅 融資)の焦げ付き増加とそれに伴う信用市場の混乱で、プライベートエクイティ(P E、未公開株)投資と仕組み金融の案件が大きく減ったことが影響している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。