塩崎氏:サブプライムなければ利上げもおかしくなかった-単独会見

自民党の塩崎恭久元官房長官はブルームバ ーグ・ニュースの単独インタビューに応じ、日銀の金融政策について「サブプ ライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題が起きなければ、おそらく金 利は上げられていた。フリーハンドを日銀がより多く持つためにも必要だし、 為替のことをいろいろ考えてみれば少し金利は高くてもおかしくない状況では あったと思う」と述べ、金利の引き上げを目指してきたことに理解を示した。 インタビューは15日に行った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。