東京電波株が急反発、中間利益は計画の2倍に-携帯など需要拡大(2)

水晶発振器が主力の東京電波株が急反発。 一時は前日比149円(12%)高の1359円まで買われ、半月ぶりの水準に戻し た。携帯電話やデジタル家電向けに同社製品の需要が拡大、2007年9月中間決 算は会社の事前想定を大きく上回る見通しとなった。08年3月通期業績予想の 引き上げなどを期待した個人などからの買いが入っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。