額賀財務相:日本国内やマーケットへの影響見極めたい-サブプライム

額賀福志郎財務相は20日午前の閣議後の記 者会見で、米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題の影響な どで日経平均株価が1万5000円台を割ったことを受け、「サブプライム問題が 米国の実体経済や日本国内の市場にどのように影響していくのか、1つ1つ見 極めて対応を間違えることがないようにしたい」と述べた。

また、2009年までに基礎年金の国庫負担比率を現行の3分の1から2分の 1に引き上げる際に必要な財源を赤字国債の発行で対応する可能性については 「考えられない」と否定したうえで、「安定的な財源の確保についてこれから議 論しなければならない」との認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE