欧州委:ソニー、富士フイルム、日立マクセルに計122億円の制裁金

欧州連合(EU)の欧州委員会は20日、 業務用ビデオテープの価格カルテルを結んでいたとしてソニーと富士フイルム ホールディングス、日立マクセルの3社に対し合わせて7480万ユーロ(約122 億円)の制裁金支払いを命じたと発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。