中央三井:中間純利益は47%減の356億円-本業好調も特別益が減少(4)

中央三井トラスト・ホールディングスが19 日に発表した2007年9月中間期の連結業績によると、純利益は前年同期比47% 減の356億円となった。貸出関連収益や投資信託販売による手数料収入など本業 は好調だったが、特別利益の減少や税負担の拡大が響いた。サブプライム(信用 力の低い個人向け)住宅ローン問題の影響はほとんどなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。