LBOの失敗事例は増える見通し-米トーマス・H・リー共同社長

米投資会社トーマス・H・リー・パートナ ーズ(ボストン)のスコット・ショーエン共同社長は15日、インタビューに応 じ、レバレッジド・バイアウト(LBO、買収先の資産を担保にして資金を調 達した買収)案件で失敗する事例が増えるとの見方を示した。7月に始まった 信用市場混乱が長引くなかで、投資銀行が買収案件の資金調達に向けた債務売 却に苦労していることが背景にあるという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。