米ゴールドマン、シティグループの投資判断を「売り」に引き下げ(2)

米ゴールドマン・サックスのアナリスト、 ウィリアム・タノナ氏は19日付のリポートで、米銀シティグループの投資判断 を「売り」に引き下げた。債務担保証券(CDO)関連の評価損が向こう2四半 期で150億ドル(約1兆6500億円)に達する可能性があるとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: