ドバイのベア・キャピタル:インド投資で5億ドルのファンドを計画

ドバイの資産運用会社ベア・キャピタル・ パートナーズは、インドでの不動産とインフラ投資に向けて5億ドル(約548 億円)を調達する計画だ。

ベア・キャピタルのアロク・サマ社長は先週ムンバイでインタビューに応 じ、2008年の早い時期にインド国外で投資家を募った上で、同年4-6月(第 2四半期)にインド投資を開始すると説明した。

インドは2012年までに経済成長率を10%に引き上げるには、道路や発電所 などのインフラに今後5年間で約5000億ドルを投資する必要がある。米JPモ ルガン・チェースや英3iグループ、米ブラックストーン・グループ、シティ グループも道路や港湾、発電所を建設するインド企業への投資ファンドを計画 している。

サマ社長は「中国での経験則によると、10%成長は予想より長期間にわた って維持できるだろう」と指摘した。

同社長は、スイスの資産運用会社ジュリアス・ベア・ホールディングの元 取締役会メンバー、マイケル・ベア氏らとともにベア・キャピタルを統括して いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE