米国株:ダウ平均1万3000ドル割れ、シティ株投資判断下げ嫌気(2)

米株式相場は下落。ゴールドマ ン・サックスが金融大手のシティグループの株式投資判断を「売り」と したことや、米住宅関連用品小売り2位のローズがここ2カ月で2回目 となる利益見通しの下方修正を行ったことが嫌気され、株価指数は3カ 月ぶりの低水準となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。