パキスタン大統領:米の非常事態解除要請を拒否-1月8日に総選挙か

パキスタンのムシャラフ大統領は18日、 ネグロポンテ米国務副長官が同日行った非常事態解除の要請に対し、拒否する 考えを表明した。非常事態が総選挙に影響することはなく、同国が混乱に陥る のを防ぐために必要だとしている。

国営APP通信によれば、ムシャラフ大統領は18日、AP通信の映像部 門APTNとのインタビューで「われわれはテロの脅威に直面している」と指 摘。パキスタン陸軍は、同国以外の武装勢力や国際テロ組織アルカイダの分子、 これら勢力を支持する地元の人間と戦っており、「戦争で多くの死傷者が出て いる」と述べたという。

APP通信はまた、ムシャラフ大統領が選挙管理委員会に対し、来年1 月8日の総選挙実施を提案したと報じた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE