香港株(午前):下落-交通銀行が安い、中国の利上げ観測で

午前の香港株式相場は下落。ハンセン指数 はほぼ6週間ぶりの低水準となっている。中国当局が金利と預金準備率を引き 上げるとの観測が広がり、交通銀行(3328 HK)をはじめ中国本土の銀行株が 売られている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。