香港株(終了):6週間ぶり安値に下落、建設銀が安い-利上げ観測で

香港株式相場は下落。ハンセン指数は6週 間ぶりの安値となった。中国当局が景気抑制を目指して、融資引き締めの「指導」 をしたのに加え、政策金利を引き上げるとの観測が広がり、中国建設銀行をはじめ 中国本土の銀行株が売られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。