アジア株:上昇、三菱UFJやBHP高い-日本株は割安との観測

19日のアジア株式相場は3営業日ぶりに上 昇している。三菱UFJフィナンシャル・グループが買われている。日本株が債 券と比較して割安との観測が広がった。

三菱UFJ証券の藤戸則弘投資情報部長は日本株について、バリュエーショ ンから判断して、配当利回りが債券を上回る株式への投資は魅力的だと指摘した。

16日に銅と原油の相場が上昇したことを受け、オーストラリアの資源会社 BHPビリトンや英豪系同業リオ・ティント・グループなど資源関連銘柄も値を 上げている。

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)アジ ア太平洋指数は日本時間午前10時8分現在、前週末比0.7%高の159.42。日経 平均株価は0.5%高。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE