中国、商業銀行の融資凍結との報道を否定-銀行監督当局報道官

中国の銀行監督当局は19日、同国政府が商 業銀行各行に対し年内いっぱい融資を凍結するよう指示したとの同日付の米紙ウ ォールストリート・ジャーナル(オンライン版)の報道を否定した。

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)の頼小民報道官は電話取材に応じ、 「中国本土銀行に融資凍結が課せられることは絶対にない」と語った。

ウォールストリート紙は、銀監会の匿名の幹部の話として、急拡大する投資 と経済成長を抑制するため中国政府が融資凍結を命じたと伝えていた。

頼報道官は、「個々の銀行のビジネス上でのニーズが非常に異なっているこ とから、われわれは銀行に厳しい融資限度を課すことはない」と述べた上で、 「われわれが望んでいるのは、各銀行のローン・ポートフォリオのリスクと質お よび自己資本比率に応じた、適切な融資の伸びだ」との考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE