財政審建議:消費税含む抜本改革を-税率引き上げ幅や時期は明記せず

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は 19日午前、「2008年度予算の編成等に関する建議」を額賀福志郎財務相に提出 した。建議では高齢化社会が進むなか、財政の持続可能性を維持するために徹 底した歳出・歳入改革が必要と指摘。消費税を含む抜本的税制改革の必要性を 訴えているが、消費税率の引き上げ幅や時期については明示を避けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: