今週の米経済:住宅着工は14年ぶり低水準へ-引き続き経済の重しに

今週発表の米経済指標では、10月の住宅着 工件数が14年ぶりの低水準に落ち込んだことが示され、不動産市場低迷が引き 続き経済成長の重しとなる見通しが示唆されるもようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。