香港の7-9月GDP:前年比6.2%増に鈍化-中国の輸出抑制響く

香港当局が16日発表した2007年7-9月 (第3四半期)域内総生産(GDP)は前年同期比6.2%増となった。前四半期 の同6.6%増から伸び率が鈍化した。中国の課税強化による輸出抑制措置と米需 要の減少が響き、輸出の伸びが減速した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。