米ムーディーズCOO:サブプライムリスクを過小評価していた-伊紙

16日付のイタリア紙ソレ24オレによれば、 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスの社長兼最高業務責任者 (COO)、ブライアン・クラークソン氏は同紙のインタビューで、ムーディー ズが米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン市場のリスクを「過小 評価」していたと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。