アジア時間の米国債:下落、利回り格差縮小で需要減退との見方

アジア時間16日の取引で、米国債相場は 下落。利回り格差縮小に伴い、世界の投資家が米国債購入を手控えるとの見方が 広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。