東証の斉藤社長:1年内にETF50銘柄へ-商品・債券連動型も視野(2)

東京証券取引所グループは、今後1年以内 に東証に上場するETF(上場投資信託)数を現在の5倍の50本程度に拡大す る計画だ。世界の株価指数だけでなく商品市況などに連動するETFの銘柄数を 増やし、個人投資家などを市場に呼び込む狙いだ。アジア市場で中心的な役割を 果たしたい東証の取引活性化策の一環と位置づける。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。