スーダン産原油の輸入実態調査-企業対象、民族紛争絡みで経産省

経済産業省は電力会社、石油会社、商社などを対象 に、スーダン産原油輸入の実態調査に乗り出した。スーダンでは、西部ダルフール地方の 民族紛争に同国政府が加担しており、主要輸出品である原油の収益がその資金源になって いるとの懸念が高まっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。