世界で最も高い商業用地はニューヨーク5番街-2位は香港・銅羅湾

不動産仲介のクシュマン・アンド・ウェイ クフィールドによると、世界で最も高コストの商業用地であるニューヨーク、 マンハッタンの5番街の賃貸料は初めて、1平方フィート(約0.093平方メー トル)当たり1500ドル(約16万5500円)を超えた。

「ゴールデン・コリドー」と呼ばれる5番街49丁目-59丁目にかけて、100 平方フィートの平均的な店を構える店舗の年間賃貸料は約150万ドルとなる。 クシュマンは「世界のメーンストリート」という年次リポートで発表した。調 査によると、5番街の賃貸料は昨年に比べ11%上昇した。

米国民の消費に減速の兆候が見られるなかでも、ドル安に誘われた海外か らの買い物客がニューヨークを訪れ、賃貸料は上昇傾向にある。クシュマンの 世界小売り担当責任者、ジョン・ストラカン氏は、5番街はパリのシャンゼリ ゼや香港のコーズウェイベイ(銅羅湾)と同様に、富裕層に人気が高いと話し た。「これらの人々はしばしば、買い物だけのために世界を旅する」と同氏は述 べた。

クシュマンの調査で、コーズウェイベイの賃貸料は2位の1フィート当た り1213ドル。シャンゼリゼは922ドル。ロンドンのニューボンドストリートは 814ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE