NIS:第三者割当などで300億円の資本増強実施へ-米投資会社と協議

事業者向け融資を手掛けるNISグループ は15日、300億円の資本増強を近く実施すると発表した。有力米国投資会社と 協議に入る。同日発表した2007年9月中間決算は利息返還費用の追加などで20 億円の赤字に転落。増資により信用を補完するとともに将来は収益拡大のため の資金に振り向ける計画。

発表によると、新株式や転換社債型新株予約権付社債(CB)、新株予約 権の発行で約200億円、連結子会社の持ち株会社の新株式発行で100億円を調 達する。引き受け先候補の具体名や調達時期などは明らかにしていない。嵜岡 邦彦会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)は同日の決算発表会見で、協議す る相手は「米国の投資会社」と述べるにとどめた。

嵜岡CEOは資本増強について「格付け引き下げで短期的な資金調達力を 金融機関も心配している。落ち着けば自信ある事業に資金を振り向けていく」 と述べた。増資契約は早ければ1週間内、払い込みは遅くとも08年2月ごろに 完了する見込みという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE