町村官房長官:消費税率引き上げなら消費行動にマイナス影響も(2)

町村信孝官房長官は15日午前の記者会見で、 2008年度税制改正で消費税率の引き上げを打ち出すかどうかについて、「まだ申 し上げる立場でない」としながらも、「上げるということになると消費行動への マイナスの影響というのもあり得る。景気の状況が心配かなという声も聞こえ 始めており、そんなことも総合的に勘案しながら年末に向けて決めていかなけ ればいけない」と述べ、慎重に検討していく考えを示唆した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。