米アジレント8-10月:21%増益、市場予想上回る-自社株買いも発表

電子計測機器大手の米アジレント・テク ノロジーズが15日発表した2007年8-10月(第4四半期)決算は、製薬会社 からの受注増に支えられ、純利益がアナリスト予想を上回った。同社は最大20 億ドル(約2210億円)相当の自社株買い計画も発表した。

純利益は1億8000万ドル(1株当たり46セント)となり、前年同期の1 億4900万ドル(同36セント)から21%増加した。一部項目を除くと1株利益 は53セントとなり、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均(52セン ト)を上回った。売上高は前年同期比8.9%増の14億5000万ドル。

バイオ分析部門の売上高が24%増と、増収率は前年同期の2倍以上に達し た。ロバート・W・ベアードのアナリスト、リチャード・イーストマン氏によ ると、アジレントは売り上げ拡大に向け、電子機器分野の顧客ほど受注が大き く変動しない生命科学分野の顧客に注力する傾向を強めている。

アジレントは決算とは別の発表文で、自社株買いを今後2年間かけて実施 すると説明した。

同社の株価は前日比50セント安の33.70ドルで終了。決算は米通常取引 終了後に発表された。年初来騰落率はマイナス3.3%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE