武藤日銀副総裁:下振れリスクは十分認識、事態は複雑で困難-会見

日本銀行の武藤敏郎副総裁はブルームバ ーグ・ニュースの単独インタビューで、「日本経済は引き続き緩やかに拡大して いくというのが最も蓋然(がいぜん)性の高い見通しであり、金融政策にもし何 らかの変更があるとすれば、方向としては利上げ」としながらも、米国経済や国 際金融市場の影響など「下振れリスクがあることは十分認識している」と指摘。 「事態は非常に複雑で、なかなか困難な状況にある」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。