米大リーグのボンズ外野手を起訴-ステロイド使用めぐる偽証罪などで

米大リーグの通算最多本塁打記録を持つサ ンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手(43)が15日、筋肉増 強剤ステロイドの使用をめぐる司法妨害と4件の偽証の罪により連邦大陪審で 起訴された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。