NY連銀:レポで472.5億ドルを供給-01年9月以来の最大

米連邦準備制度の公開市場操作 (オペ)を担当するニューヨーク連銀は15日、翌日物と期間6日、期間 14日のレポ(売り戻し条件付き買いオペ)を通じ、総額472億5000万 ドルを金融システムに供給した。規模は金融危機に直面した今年8月を上 回り、同時テロが発生した2001年9月以来の最大。

銀行間ブローカー最大手のICAPによると、レポ実施後フェデラ ルファンド(FF)金利は連邦公開市場委員会(FOMC)が設定した 誘導目標4.5%を上回る4.8125%で推移した。

流動性供給の内訳は期間14日のレポが80億ドル、期間6日が200 億ドル、翌日物が192億5000万ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE