英バークレイズ:信用リスクが1カ月ぶり大幅低下―予想下回る評価損

15日のクレジット・デフォルトスワッ プ(CDS)取引によると、英銀バークレイズのCDSスプレッドが約1カ月 ぶりの大幅な低下を記録した。同銀は13億ポンド(約2980億円)の住宅ロ ーン関連証券の評価損を公表したにもかかわらず、2007年1-10月期の税引 き前利益が増加したことが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。