アジア株:下落-ホンダやリー&ファン安い、米成長減速懸念広がる

15日のアジア株式市場は下落。米国で個 人消費が鈍化し、経済成長の減速が示唆されたことが背景。

ホンダなどの日本の自動車メーカーを初めとする輸出関連銘柄は安い。シャ ープや香港のリー・アンド・ファンも、海外需要が縮小するとの懸念から下げた。

IBTセキュリティーズのアシュレイ・カン氏は、「米経済への懸念は根強 く、これが投資家の信頼感に悪影響している。輸出依存度の強い銘柄が売られて いる」と指摘した。

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)アジ ア太平洋指数は日本時間午後5時45分現在、前日比0.6%安の161.35。日経平 均は0.7%安で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE