英銀バークレイズ、13億ポンドの評価損を計上-サブプライム関連で

英銀3位のバークレイズは15日、米サブ プライム(信用力が低い個人向け)住宅ローン市場危機に関連し、13億ポンド (約2980億円)の評価損を計上したと発表した。

発表資料によれば、評価損の内訳は2007年7-9月(第3四半期)が5 億ポンド、10月が8億ポンド。バークレイズはまた、1-10月期の純利益と 税引き前利益について、同行も傘下のバークレイズ・キャピタルでも増加して いることを明らかにした。

バークレイズは同日のロンドン時間午前8時半(日本時間午後5時半)に 電話会議を開く。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE