インドネシアの7-9月期GDP:前年比6.5%増、97年以来の高成長

インドネシア中央統計局が15日発表した 2007年7-9月(第3四半期)の国内総生産(GDP)は前年同期比6.5%増と、 アジア金融危機が襲う直前の1997年の1-3月(第1四半期)以来の高成長と なった。自動車や二輪車、住宅の需要拡大と農作物の豊作が寄与した。4-6月 期は同6.3%増だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。