10月の米CPIは0.3%上昇か、11月の連銀指数は低下へ-BN調査

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査 機関79社を対象に実施した調査によると、15日に発表される10月の米消費者 物価指数(CPI)総合指数は、前月比0.3%上昇(中央値)したもよう。燃 料コストの上昇の影響が出たとみられる。9月は同0.3%上昇だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。