東武ストアが10年ぶり高値、夜間に注力し売り上げ好調-10月1.4%増

首都圏を中心にスーパー49店を展開する 東武ストアの株価が続伸。一時は前日比8円(2.0%)高の411円と、1997年8 月18日以来、10年3カ月ぶりの高値を付けた。利用者の利便性を追求し、夜間 に生鮮食料品の補充を行うなど夜間シフトを進めている。10月の既存店売上高 が前年同月比1.4%増と想定を若干上回ったため、業績の上振れを期待した向き が買いを入れたようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。