米アプライド・マテリアルズ8-10月期:6.1%減益-受注減少(2)

半導体製造装置最大手の米アプライド・マ テリアルズが14日発表した2007年8-10月(第4四半期)決算は、半導体メ モリーメーカーからの受注減少が響き、前年同期比で6.1%減益となった。同社 はまた、半導体メモリーの不振で受注が来年前半まで減少する見通しも示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。