日本株は小幅続伸、資源や金融関連高い-輸出株軟調で指数上値抑える

午前の東京株式相場は小幅続伸。原油など の海外商品相場が大幅上昇となっていることを受け、在庫評価益の上積み期待か ら、9カ月純利益が増益だった東燃ゼネラル石油のほか、新日本石油など石油製 品株、三菱商事などの資源株の一角が高い。ゴールドマン・サックス証券が投資 判断を新規に「買い」としたT&Dホールディングスを中心に、保険株も買われ ている。三菱UFJフィナンシャル・グループなどの銀行株も高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。