コンテンツにスキップする

人民元:対ドルでほぼ変わらず-中国が段階的な元上昇を維持する方針

中国外国為替取引では、人民元がドルに対 しほぼ変わらずとなった。中国が人民元の段階的上昇を容認する方針を堅持すると の兆候が示されたことが背景にある。

カナダ銀行のポール・ジェンキンス上級副総裁は14日、引き続き中国に対し より自由な為替取引の容認を促すと語った。これを受けて人民元に対する国際的な 上昇圧力が強まった。

中国人民銀行の易綱総裁補佐は14日ワシントンで、「人民元の上昇ペースは、 これまでのところ順調だ」と語った。

メイバンク上海の債券トレーダー、ウ・ピンソン氏は、「人民銀は自らのペー スで人民元の上昇を容認する」と指摘した上で、人民銀には「独自の考えがあり、 外部からのコメントにそれほど従わないだろう」と語った。

中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、人民元は上海時間午後 5時半(日本時間同6時半)現在、前日比ほぼ変わらずの1ドル=7.4228元。 2005年7月のペッグ(連動)制廃止後の上昇率は11.4%となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE