欧州株:3日続伸、アルセロールとホッホティーフの決算を好感

更新日時

欧州株式相場は3営業日連続で上昇した。 鉄鋼のアルセロール・ミタルと建設のホッホティーフが予想を上回る利益を発表 したのに加え、銅相場が2カ月ぶりの大幅高となったのをきっかけに鉱山株が買 われた。

英銀大手のHSBCホールディングスは上昇。新興市場での融資が寄与し、 増益決算を発表した。同業スイスのUBSと仏ソシエテ・ゼネラルも高い。ドイ ツの太陽電池メーカー、Qセルズも上げた。売上高見通しを上方修正したことを 好感した。

リバ・イ・ガルシア・ヘスティオン(バルセロナ、運用額4億9000万ド ル)の資本市場責任者、マリアーノ・サンチョ氏は、「最近の下落を考慮すると、 相場見通しは明るい。見通しを裏付ける決算も発表された」と述べた。

ダウ欧州株価指数は前日比0.5%高の370.46で終了。米サブプライム住宅 ローンに端を発する景気減速懸念を背景に6月1日に6年半ぶりの高値を付けて 以来、7.5%下落している。またダウ欧州50種株価指数とダウ・ユーロ50種株 価指数はそれぞれは0.6%上げた。

アルセロール、ホッホティーフ

オランダの鉄鋼メーカー、アルセロール・ミタルは1.6%高。同社の7-9 月期は36%増益となり、純利益はアナリストの予想中央値(24億ドル)を上回 った。

ドイツの建設会社、ホッホティーフは3.7%上げた。同社の7-9月期利益 は3倍増の5690万ユーロとなった。アナリスト予想は5100万ユーロだった。

産銅大手の英アントファガスタは6%上昇。カザフスタンの鉱山会社、カザ フスミスは7%上げた。ロンドン金属取引所(LME)の銅先物相場は一時、前 日比3.7%高の1トン=7180ドルまで上昇した。

銀行株

HSBCは2.8%高。同行は、7-9月期に米住宅ローンのデフォルト(債 務不払い)に対する貸倒引当金を積み増したにも関わらず、税引き前利益が増加 した。

UBSは2.8%上昇。ソシエテ・ゼネラルは1.9%高。

Qセルズは6.8%上げた。同社の7-9月期決算は36%増益。同社は2008、 2009両年の売上高見通しを上方修正した。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比69.70ポイント(1.1%)高の6432.10。FTオー ルシェア指数は同36.63ポイント(1.1%)上げて3300.75。

ドイツのDAX指数は5.55ポイント(0.1%)高の7783.11。HDAX指数 は10.34ポイント(0.3%)上昇し3983.16。

フランスのCAC40指数は前日比74.69ポイント(1.4%)上げ5613.60で 終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE