豪ドルとNZドルが対円で上昇-世界的株高が円キャリー取引を促す

14日の外国為替市場でオーストラリア・ド ルとニュージーランド(NZ)ドルが、対円でここ3週間で最大の上げとなって いる。世界的な株高が、円を借りて高利回り資産に投資するいわゆる円キャリー トレードを促した。

豪ドルとNZドルは、主要16通貨のなかで最も大きく上げた。米証券大手 のゴールドマン・サックス・グループが住宅ローン関連証券で大規模な評価損を 計上する計画はないとの見通しを示したことを受け、両通貨は対米ドルでも2日 続伸となっている。

オンライン為替取引を扱うオージーフォレックスの法人業務担当マネジャー、 ジム・ブロンダス氏は、「豪ドルとNZドルは今後、上振れる公算が大きい」と 指摘。「信頼感が若干回復しており、株高が後押ししている」と説明した。

豪ドルは円に対し、シドニー時間午後2時44分(日本時間同零時44分)現 在、前日比2.5%高の1豪ドル=100円34銭で推移している。前日には一時、9 月18日以来の安値となる95円65銭を付けた。対米ドルでは1.4%高の0.9026 米ドル。前日には一時0.8754米ドルと、10月23日以来の安値となった。

NZドルは対円で、前日比2.4%高の85円18銭。前日には一時、9月19 日以来の安値である81円28銭を付けた。米ドルに対しても、1.3%高の1NZ ドル=0.7663米ドルと上げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE