町村官房長官:東シナ海ガス田協議、進展なければ首相訪中に影響も

町村信孝官房長官は14日午後の記者会見で、 東シナ海ガス田開発をめぐる日中間の協議が進展しないまま推移した場合、両 国で調整が続いている福田康夫首相の中国訪問計画に影響が出てくる可能性が あるとの認識を示した。

この中で、町村氏は現在の日中協議について、「本年秋に合意すると決まっ ていたにもかかわらず、何ら進展ないのは憂慮すべき事態だと思っている」と 指摘。その上で、現在のような状態が続いた場合、「福田訪中計画に影響が出て しまうのではないかかという懸念すら持っている。そういう切迫感を私も持っ ているし、中国側にもそういう切迫感を共有してもらいたいと思っている」と 述べ、問題解決に向けた中国側の前向きな対応を求めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE