米メーシーズ:8-10月期は黒字-売上高予想引き下げで株価急落

米百貨店大手メーシーズが14日発表した 2007年8-10月(第3四半期)決算は、経費減少を受けて黒字となった。同社 は同時に11-1月(第4四半期)の売上高見通しを下方修正し、株価は過去5 年余りで最大の下げとなった。

純利益は3300万ドル(1株当たり8セント)で、前年同期の300万ドル(同 1セント)の赤字から収支が改善した。メーシーズが買収したメイ・デパート メント・ストアーズの事業統合費用が1億4500万ドルから1700万ドルに急減 したことが、黒字につながった。

年末商戦に向かうなかで、消費者はガソリンや住宅、食品価格の上昇に見 舞われている。テリー・ランドグレン最高経営責任者(CEO)は足元の市場 は「厳しい経済環境」にあると指摘した。

メーシーズは第4四半期の売上高見通しを1億ドル引き下げ、87億-89億 ドルとした。既存店売上高見通しのレンジも2%減-1%増と、従来の横ばい -2%増から引き下げた。一方、1株利益見通しは一部項目を除いたベースで

1.70-1.80ドルと、これまでの予想を維持した。

同社の株価終値は前日比2.18ドル(7.1%)安の28.47ドルとなり、2002 年9月以来で最大の下げを記録した。年初来騰落率はマイナス25%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE