NY金:反発、ドル下落で代替投資の需要強まる-終値814.70ドル

ニューヨーク金先物は4日ぶりに反発。 ドルが下落したことを受け、代替投資としての金の魅力が高まった。

ドルは対ユーロで続落。ユーロ圏の経済成長率が米国を上回るとの見方が 背景にある。金は年初から28%高。7日にはドルが対ユーロで最安値を更新し たことが金の買い材料となり、オンス当たり848ドルと27年ぶりの高値を付 けた。

ラサール・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のトレーダー、マシュ ー・ジーマン氏は「ドルは首位の座を失いつつある。それが金上昇の主因にな るだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12月限 は前日比15.70ドル(2%)高の1オンス=814.70ドルで終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE