英HSBC:7-12月期に引当金を積み増しへ-米住宅ローンに対応

時価総額で欧州最大の金融機関、英HSB Cホールディングスは14日、金利上昇で米国での債務不履行(デフォルト) が増えるとし、2007年7-12月(下期)に貸倒引当金を積み増すと発表した。

HSBCは発表資料で「米住宅市場の悪化は個人向け融資の質にこれまで よりも広い範囲で影響を及ぼしており、こうした状況下では貸倒引当金は高水 準にとどまると予想される」と説明。米国でのデフォルトに対する7-9月 (第3四半期)分の貸倒引当金として34億ドル(約3780億円)を計上する方 針を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE