谷垣氏:税制改革、野党反対なら関連法案の衆院再議決念頭に策定を

自民党の谷垣禎一政調会長は14日午後、東 京都内で開かれた「日本橋優申会」の会合で講演し、今月下旬から本格化する 2008年度税制改正に向けた議論は、関連法案が参院で否決された場合に衆院で 再議決して成立させることも念頭に具体案を策定すべきだとの考えを明らかに した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。