NEC:中間期純損失は47億円に半減-半導体や携帯、PCが改善(2)

IT(情報技術)サービス国内2位のNEC が14日発表した9月中間期決算は、連結純損失が47億5000万円と前年同期の99 億3000万円から赤字幅がほぼ半減した。子会社で半導体専業メーカーのNECエ レクトロニクスや、携帯電話、パソコン(PC)と主要事業の収益改善が寄与した。

売上高は、携帯電話端末の出荷台数減などで前年同期比3.6%減の2兆1406 億円と減収だったが、営業利益は同3.7倍の274億円に改善した。

通期の業績予想は据え置いた。売上高は前期比1.0%増の4兆7000億円、営 業利益は同86%増の1300億円、純利益は同3.3倍の300億円をそれぞれ見込む。

NEC株の14日終値は前日比17円(3.4%)高の522円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE