シティやメリルの社債保証料が低下-ゴールドマンCEO発言で安心感

クレジット・デフォルト・スワップ(CD S)市場で、シティグループやメリルリンチなど米金融機関の社債の保証料が 低下した。ゴールドマン・サックス・グループの最高経営責任者(CEO)の 発言やバンク・オブ・アメリカ(BOA)の情報開示で、信用市場の損失の最 悪期は過ぎた可能性があるとの楽観的見方が浮上した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。