石油センター:ガソリン価格が2週連続で最高値更新-150.1円に

石油情報センターが14日公表した給油所 石油製品市況週動向調査によると、レギュラーガソリンの全国平均価格(11月 12日時点)は150.1円となり、1987年4月に調査を開始して以来の最高値を 2週連続で更新した。原油価格が高騰した影響で、石油元売り各社が11月の 石油製品卸価格を1リットル当たり6円程度値上げする方針を打ち出した結果、 ガソリン小売価格が上昇している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。