NEOのユビキタス株、上場2日目に初値形成-公開比4倍の40万円

通信ソフトウエアの開発・販売を手掛け、 ジャスダックの新市場「NEO」へ13日に新規上場したユビキタス株は、上 場2日目のこの日も買い気配で始まり、午前9時42分に公開価格(10万円) の4倍となる40万円で初値を付けた。その後は初値近辺で推移している。公 開株数9505株に対し、同10時7時点の売買高は約8700株。初値倍率は、10 月15日に東証マザーズ市場に上場したアールエイジの4.1倍に次ぐ今年2番 目の高水準。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。