ペトロブラス:トゥピ油田・ガス田での生産を10年か11年に開始も

ブラジル国営石油会社のブラジル石油公 社(ペトロブラス)のジョゼ・セルジオ・ガブリエリ最高経営責任者(CE O)は13日、自社のトゥピ油田・ガス田での生産を2010年か11年に開始す る可能性があることを明らかにした。原油と天然ガスの総生産量を15年まで に日量450万バレル相当に引き上げることを目指す。

ガブリエリCEOは、ローマで開かれたエネルギー会議で「トゥピ油 田・ガス田の可採埋蔵量は、50-80億バレルだと強く確信している」と述べ た。同油田・ガス田は、リオデジャネイロの沖合約250キロの海域に位置し ている。

同社はトゥピ油田・ガス田の開発のため、08-12年の総額1124億ドル (約12兆5000億円)規模の投資計画を拡大する見通しだ。同油田・ガス田 は、水深2000メートル余りの海底からさらに少なくとも5000メートル深い 位置に存在する。ガブリエリCEOは、早ければ10年までに試掘井で約10 万バレルの生産を開始し、その後最大で日量40万バレルにまで引き上げる可 能性があることを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE